×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オーナーの引き出し        第2回

最近、野球帽をかぶっている子供を見かける事が
少なくなった。
おひラの小学生の頃って、男の子は皆、野球帽を
かぶって学校にきていた。
田舎のせいか、ほとんどが”G"だったけどさ。
たまには緑の南海の帽子なんかも居たっけ・・・。

田舎でライオンズの帽子が流行るようになったのは
ライオンズに清原が入団した後だったと記憶する。
東京とか、埼玉なんかはもっと早かったのだろうけど・・。
田舎モンがライオンズを一番近くに感じられる瞬間って、優勝セールでガンガンかかるあの歌・・・。
「地平を駈ける獅子を見た」を聞く時だった。
野球を知らないおひラもレオのシールなんか貰いに行っちゃったりして・・・(^^ゞ
だから勉強机の引き出しに無造作に貼られたレオ・・・。友達から貰った手紙の封に適当に貼られたレオなんかが結構いたもんだ。・・・・・・・・・・・・・・・話がずれたけど・・xx

あの頃の男の子にとって野球が出来たり、野球を知ってたりする事は大事な事で、野球帽を買ってもらうのも一大イベントだったんじゃないかなぁ?今はどーなんでしょ?
近所の公園に駅長とキャッチボールに行ったら、珍しくお父さんと子供がキャッチボールしていた。
「そういや、おひラの弟も親父とキャッチボールやってたなぁ・・・・」
プロ野球の試合を現場で見た事無くたって野球は近くにあった。特に男の子はそうだったんじゃないか?
ま、それがサッカーだって別にイイんだけど・・・・お父さんともっと遊ぼうよ!と思う。
子供らしく・・・?野球帽をかぶって元気に学校へ行き、ひざ小僧を擦りむいて帰ってくればイイさ!

球場でグローブを持って飛び回っている子供を見るとチョットだけ安心する。たまにナマイキだったりもするけどさ。

さあ、7回!一緒にジェット風船を飛ばそう!
大人も子供も一緒に「吠えろライオンズ」を歌いながら・・・・。