×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

暑いのにヒヤヒヤッ  2003・6月29日  書いた人 おひラ

今日はTV観戦である。前日までの大負けは選手の心にも、ファンの心にもチト重い(よね??)
参っちまっていた・・・・。
「今日こそは!!」ライオンズ信者は皆、そう思っていた。「頑張ってくれ!三井!」

TVとPCを点け暑い部屋での観戦。しかし・・・xxx!
後から知ったのだが、NHKでも放送してたらしいのでTVの前に少し遅れて座った人は
「なんじゃこりゃぁ?!」と思ったに違いない。我らが三井君は連打をあびていた。
ESPNのアナウンサーと解説は「もういただきだ!」と言わんばかりに声のトーンが上がっており、ライオンズファンの心を逆撫でするような発言ばかり。(知ってたらNHK見たさ)一順目は打線も淡白で、初回、2回と奪われた6点が暑いのにさむ〜くさせるのだった。
「いや、ココで終わるライオンズじゃないさ!」
気持ちを切り替えて祈るような気持ちで見守る。・・・と3回!高木浩君からの連打でゲームはこれからの戦いの行方をわからなくさせた。
「面白くなってきたぞぉ!」あわ良くばここで逆点!っといきたかったが・・お楽しみは後々・・・!
しかし、又も替わった長田君が打たれるxxx。
「これくらいっ!」と思う気持ちと「だいじょうぶかなぁ・・」と思う気持ちが入り混じる。頭イテェ・・xx

そう!今日は昨日、一昨日とは違った!井口のガッツポーズなんか吹き飛ばしてやる!
足を使い、つなげてつなげて♪・・何とか取られても食い下がる。
「ライオンズはこれでなきゃ!」
気がつきゃゲームは10対10!
お互いのミス、失投、長かったゲームにピリオドをうったのはライオンズが誇る『神』2人だった。
カブ様しか打てない「キレそうでキレない弾丸HR」と、大明神豊田君の「3人斬り」!
やっと「ホッ」とした。
ホント、長い戦いだったね。    ご苦労さまでしたぁ!
真昼間だったはずの部屋の外はスッカリ夕暮れ・・・。
「色々やんなきゃいけないことが・・・。」
野球優先の我が家の休日は、休日とは思えない疲れと、
苦しい戦いを制した充実感とで
やっと平和がおとずれるのでした。