×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 願い          2003年8月26日  対鷹    書いた人 おひラ

昨日の勝ちはみんなの喜び。
当球場にもいつも以上のお客様が訪れファンは良いム〜ド。
きっと選手もそうだっただろう。このまま3タテ狙い!
朝からドキドキのおひラでした。
仕事場では新聞のスポーツ欄を占拠している友亮君の写真を
眺めニヤニヤ(っつうかどんな仕事場さ)
ひとつ心配だったのは駅長の仕事が早く終わるのか・・・
どちらが先に着くかなぁ。お荷物(メガホンとか)担当はおひラでふ。


駅長に連絡を取ったら、どうやら駅長は6時過ぎには我が青春の西武ドームに着きそう。おひラは7時くらいになるので席をお願い!あっ、それから『西武ライオンズ25年の歴史』と復刻カードセットを忘れずに・・・。

某駅から30分ほど・・・只今ニシトコ。球場行きの電車には色んな人が乗っています。ラジオを聴きながらの前のおじさんがこぶしを握り小さく「よっしゃっ」え〜それはドッチのよっしゃっですかねい?期待と心配・・・。
球場に着くとまずはファンクラブのポイントを貰います。今日で18ポイント!あと2ポイントでレオフィギュアGet!絶対戴く!なんて考えながらも球場内へ。いつも以上に気合の入った両チームの応援が響いています。スコアボードは2回裏を終了。0対2・・・勝ってるぅぅぅ!!!
しかし・・・・張君は・・・・ちゃんとしてるのかしらん?。駅長の元に着くと「いやぁ凄かったよ!満塁にされてたけど2者連続三振とってさぁ」っと興奮気味。 どうやらちゃんと(だから・・・しつこいって)してるみたいね〜!荷物を置き一服して、ライオンズ青Tシャツに着替えて・・・

と4回・・・・ライオンズファンにとっての悪夢がやってきたのです。鷹打線の振りぬくバットから打球がポンポンとライオンズの選手のいないフィールドへ・・・・xxxxxあれよあれよっつう間に5点xxxx
いやぁね、一生懸命応援したんです。最後まで信じていたんです。   でも覚えてない。
おひラの頭の中は負けたショックでパニック。
今までモチロン負けを見ている訳ですが一番のショック。

いやいや落ち込んでる暇はない。駅長は明日は仕事だから
「無理ですよ・・・」って言ったけど
「ライオンズの為に仕事してるのに・・・こんな大事な時に」
なんてブツブツ言ってたら観念したのか「来る予定」は
取り付ける事に成功!!確実ではないけど前向きに努力!
さてさて、明日は来られるのでしょうか?
そして勝負の行方は??

モチロン勝つ!
何かが決まるまでは勝負が続きます。

「あっさりと諦めるんじゃねえよ
 落ち込んでる場合じゃねえよ
  旅はまだまだ始まったばかり
   果てしなく続くジグザグの道〜♪」   (BY  C−BA)

おひラの人生の応援歌が頭の中を流れる中、疲れた体に鞭を打ちチャリチャリと自転車を漕ぐのでありました。

自宅に到着した駅長はおひラが観戦日誌を記す横で『25年の歴史』本を見ながら「コレが俺の行った初めての試合だ〜!」「いい本買っちゃった!」とお喜びの様子。  良かったね。懐かしの「田鎖」の名前が有って