×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

競り勝つ        2003年8月30日   対青波    書いた人 おひラ

今日は仕事で後から来る駅長と、おひラの昔からの悪友と・・・久しぶりの観客動員協力観戦。
某駅で待ち合わせ・・・しか〜し・・・悪友は遅刻・・いけませんねぃ。まぁ遠くから来るもんで仕方ないか。
この所、所沢乗換えルートが多かったのですが、たまにはレオライナーに乗ってみますかね。
レオライナーは第三球場の横を通ります。悪い目凝らして見てみると松坂君かもしれなそうな黒Tシャツの選手が黙々とグランドを走っていました。「あっ!!」昨日通算100セーブの豊田君と帆足君が並んで走っています。帆足君、豊田兄さんに何を伝授してもらったのでしょうか??なんていってる間に心の友、西武ドームに到着!丁度開門って時間でした。
球場前の松坂君と松井君のカキワリに小学生球児が群になって写真撮影の真っ最中
「コラコラ、それじゃ松井君が見えませんよ〜」と思っていると一人の小学生がおもむろに自分の野球帽を松井君に被せました。「え〜っ!!!!そ、それは・・・・・・・・・・・・・マリナーズxxxx」今から連れて行くのはいくらなんでもやめておくれよ〜(*_*)  ちょっと衝撃の瞬間でした。
内野自由席・・・だいたい決まった所に3人分の席を確保、久しぶりの悪友との会話を楽しんでいると同じ列にお子様4人とパパ&ママが座りました。小さいうちから野球観戦・・・イイですねぃ。30手前で初めてプロ野球を見たおひラ・・・もう少し早くから見る機会が有れば人生は大幅に変わっていたかもしれませぬ。
ライオンズの選手が最後の守備練習にグランドに現れました。席を守らなくてはいけないので今日は悪友に下に見に行く権利(?!)を譲り、太ると思いながらもお菓子をバリバリ・・・。

さて、試合が始まり、悪友がうるさくなりだしました。「あ〜もうっ!」打たれる度にファンであるおひラ以上に怒ってるよ・・・。と立ち上がりがピリッとしてない感じの許 銘傑君でしたが得点は与えず・・・0対0のままサクサクとゲームが進みます。3回にライオンズは稼頭央君のタイムリーで1点先制。
4回・・・葛城の打球がセンターフェンスへ。友亮君が追う!フェンス際・・・「とったぁぁぁ」とボールを返した友亮くんがふわりっとそのままグランドへ倒れこんでしまいました。小関君が駆け寄り両手を挙げベンチに向かってバツ。あぁぁぁ・・・友亮・・・・・タンカで運ばれて行く彼の姿が痛々しく、細かい症状がわからないので一瞬平尾君の怪我を思い出してしまった(泣)しかし試合中。そうだよ、彼の自身を投げ出し守った気持ちを忘れず勝とうじゃないかぁ!心配しながら試合の行方を見守りましょう。
5回を終了1対1・・・う〜ん。・・・・ここで駅長到着。早い展開なモンで試合が終わっちまうかと思ったぜ。
7回、高波君が塁に出て、更に盗塁。田原君の代打「なかじ」・・・・・打ってくれ〜!!!と、出ましたぁぁ!高波君返ってくるぅぅぅ!1点ゲット!!これで後はライオンズの磐石な勝ちパターンリレーで勝利!

お立ち台はなかじと許 銘傑君。
和やか、ホンワリのインタビュー。
ウイニングロードでは許 銘傑君にもなかじにも・・・2つのレオを貰っていたお子様・・・うらやましぃのぉ。


悪友とは9月中の観戦を約束。また来ようね。


さてさて、帰宅したおひラたちはスグにビデオとニュースを
チェック。友亮君は捻挫との事。平尾君は背中に違和感。
お二人とも、早く良くなってくださいね。
それにしても・・・・・3安打で2点は・・・もうチョット頑張りましょう。
んでもって11安打で1得点の青波・・・・
ライオンズファンなのは抜きにして
お客さん・・・どっちのチームを買いますか?