×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

昨日は大敗、今日は?   2004年8月28日 対鷹   書いた人 ツリャ

あーなんか久しぶりの生観戦。前日は20対4の大敗でしたからね・・・
気を取り直して行きましょう。と言うことで今日の先発投手は帆足君、ホークスは新垣。僕の観戦試合ではいつも好投してくれるので
帆足君には期待大ですスタメンを見ると五輪帰りのベンちゃんがさっそくスタメンに名前を連ねております。一方ホークスの方は城島はスタメンではありませんね。で試合前にはその五輪出場選手達(Lべんちゃん、大輔、張、H城島、和田)のご挨拶がありまして、「全力で戦ってまいりました!ご声援ありがとうございました!」と選手を代表してべんちゃんが挨拶。スタンドからは暖かい拍手が沸き起こるのであった。メダルは惜しくも銅でしたが、実力は金メダル級と誰もが認める五輪だったのではないでしょうか。
試合の方はすばらしい立ち上がりの帆足君。1回の投球を見ただけで手ごたえ有りです。今日は鷹打線に沈黙してもらいましょう。

一方ライオンズは3回にべんちゃんの死球からカブ様のツーランHRで先制。ベンちゃんは打撲だそうで骨には異常ナシとの診断。べんちゃんの代わりに赤田くん登場。で今度はホセが三振して審判に暴言?を吐いたとかで退場。で代わりに剛也が出場。内野を見渡せば、ファーストカブレラ、セカンド石井義、サード剛也、ショートナカジとなんとなく不安?になってしまう内野陣になってしまいましたが、本日の帆足くんにはそんなことお構いなし。5回にズレータにソロHRを打たれるものの相変わらずの好投で試合はサクサクとすすむのであった。7回裏には満塁のチャンスで今度は剛也が腕に死球で押し出し追加点。ベンチ前でハイタッチをする剛也。心配なさそうです。しかし高校時代から気になっていたんですけど、新垣の立ち投げ、行ってまえ投球はなんとかならんのかなぁ。素人目に見てもあの投げ方でコントロールが付くとは思えませんけどね。まぁそれが新垣の個性ではあるんですけど・・・
スコアは3対1のライオンズリードで帆足くんは8回まで。9回は我らが守護神豊田登場。松中に3塁線にツーベースを打たれ、一発出れば同点と言う場面で次の打者は代打城島。3塁側スタンドは異常な盛り上がり方でしたが、城島は三振。さすが豊田。しかしバルデスの犠牲フライで1点献上、3対2。ズレータのツーベースで一打出れば今度は同点と言う場面で柴原のスルドイ打球は
・・・ファーストライナーで試合終了。
今日のヒーローは当然、帆足君。今季7勝目、なんとか二桁いってほしいなぁ・・・と思いつつ小雨降る西武ドームを後にするのであった。
ちなみに今日の観客動員38000人。パ・リーグはまだまだ熱いよ!

あっ!デジカメ忘れたので写真ありませんm(__)mゴメンゴメン・・・