×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スト回避で   2004年9月11日 対オリ  書いた人 ツリャ

ストライキがひとまず回避されたと言うことで、西武ドームに行かねば!
と言うことで、観戦に行ってまいりました。もしかしたらオリックス・ブルーウェーブとしてはこれで見納めとなるかもしれない試合です。感慨深げです。数年前、イチローや田口、平井等々を要旨あんなに強かったブルーウェーブがまさか合併なんて・・・伊原監督も1年目、来年以降どうなることでしょう?
ライオンズもプレーオフ進出は決定的ながら、ホークスとのゲーム差はこれ以上離されてはいけませんからね。
1塁側はほぼ満員ながら、3塁側は空席が目立ちます。先発は西口と川越で始まった試合。オリックスのクリーンアップは3番村松、4番塩崎、5番相川・・・と並ぶ超軽量打線?伊原さんも打線を組むのに四苦八苦ですな。まぁ油断は禁物。前半は投手戦の様相。3回に早川にソロHRをあびるも1時間経過したところでもう6回に突入。最近ライオンズの試合は長時間試合が多んですが、今日は早く終わるかな?と思っていたら、その6回に今度は塩崎にツーランHRをあびてしまいました。軽量打線とは失礼しましたm(__)m
ライオンズも遅ればせながら7回に反撃開始です。赤田が四球を選び、出ました貝塚のツーランHR。続くカブレラのソロHRであっと言う間、イッキに3対3の同点。
その後は星野がしめて9回は我らが豊田登場。あとはライオンズの逆転待ちです。と思っていたら豊田がまさかのオーティズにタイムリーを打たれて、もはやこれまでか?

しかし9回裏ライオンズはベンちゃんの犠牲フライで4対4の同点に追いつきました。
結局、今シーズンのライオンズのお家芸?の延長戦に突入。
試合は11回に小野寺君が竜太郎にタイムリーを打たれたり、まずい守備があったりで、3点取られジ・エンド。
さっきまでサクサク進行していた試合がウソの様に今日もロングゲームになってしまいました。
しかも負けちゃあガックリ度倍増ですよん。まぁしかたないか・・・

ストが回避された試合、観客数は23000人。もしもストが決行されていたら、みんな何をしていたんだろう・・・なんて考えてしまいましたね。とりあえず勝敗どうのこうのよりも観戦を楽しめた事に感謝すべきでしょうかね?来週はどうなるか?まだまだ混沌としたプロ野球界。なんかすっきりしない毎日です。
帰りにはグッズコーナーで限定発売のメガホン等を購入。今日はタダ券で入場している我が家ですから、少しぐらいは球団経営に貢献しないといけませんね。一ファンとして出来ることは少ないかもしれませんが、球団と選手・ファンが対立せず、安心して観戦できるプロ野球界であって欲しいと願います。

▲人気グッズになりそうな
ぱぺっこレオくん。
そしてV応援メガ