×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最後の笑顔   2004年9月21日 対マリ  
◆重〜い、長〜いごめんなさい。

最後のマウンドに向かう潮崎投手
15年間登り続けたマウンドも
今日で最後
対するはこちらも引退の佐藤幸彦選手。
1球目、宝刀シンカー!決まった!
3球目、直球が最後の投球。
右飛を打った佐藤選手と
お互いを称え握手。
伊東監督と握手。
ナインに見送られマウンドを降りる。
スタンドのファンの大きな声援に
帽子を取って答え
ベンチへ
試合はM6-5Lで惜敗。
ライオンズ選手全員が整列し、伊東監督が挨拶。
プレーオフも頑張れ!
ジャンボトロンに流れる懐かしい映像。
一塁に投げて最後のアウトをとる前に
ガッツポーズをしてしまったシーン。
日本一が決まったシーンなど・・・
ファンからも大きな拍手。
そしてスタンドにはチラホラ涙も。
最後の挨拶。
四方に「ありがとうございました」と深々と頭を下げる
潮崎投手。
本当に15年間お疲れ様でした。

最後の挨拶全文は
今このページ最下に

お子様達から花束を受け取り
一緒にグランドをまわり
笑顔でスタンドに答える。
マリーンズファンからも大きな声援が・・・。
最後まで素晴らしい笑顔でした。
本当に最後の胴上げ。
選手全員がグランド中央で胴上げしました。
潮崎投手の小さい体は5回、宙に舞いました。
ビクトリーロードで本当に最後の勇姿。

長い間、沢山の感動と素晴らしいプレーをありがとう。
最後の挨拶(全文)
15年間という長きに渡り
応援していただきましたファンの皆様
本当に今までありがとうございました。

今日、私は引退します。
15年間の現役生活に、何一つ悔いはありません。
完全燃焼することができました。
これからはライオンズのファンとして、西武ライオンズを応援していきたいと思います。
本当に15年間、あたたかいご声援を、ありがとうございました。
文章日記へ