×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

再会・・・天使と悪魔がやってきた  対マリ 2006年4月15日 書いた人 おひラ

昨日も観戦、今日も観戦、明日も観戦〜♪
ツリャは今日は仕事の為おりませんが、おひラを含めて大人×4に幼児×1。内訳ライオンズファン×1.5、マリファン×2、どっちでも楽しい人×1.5でふ。
事の始まりはおひラが「ライオンズ〜ライオンズ〜!」とファンアピールしていた結果、高校時代の友Aの旦那様がマリファンという事が判明し「いつか一緒に観戦しようね」と、良くある社交辞令的なやりとりから。
田舎である6月の長野戦が濃厚でしたが、「今週、(共通の友Bと)行くんだよ」ってなメールを友人に送った所「いいな〜」って言うもんだから、半ば無理を承知で「じゃぁ、デーゲームだし日帰りも出来るから来ちゃえば?」なんて返したら「それは良い案だゎっ!」ってんで一緒に観戦することとなったのでぃす!
おひラが結婚した時以来だから・・・6年ぶりの再会がインボイスSEIBUドーム!なんて素晴らしいっ!
友人家族は車で来るそうで、おひラはBと所沢駅で待ち合わせて球場で落ち合いました。
一歳ちょっとのAのお子様、そして旦那様とも初対面。待ち合わせ場所に既に到着していた友人A家族は・・・おお〜!もうマリのビジユニをしっかり着込んでる〜。お子様だけはまだ、モノが無いとの事で普段着でしたが、旦那様はファンクラブで、友人Aはここに来てビジターショップで・・・。初観戦とは思えない正装ですっ!
1時過ぎに球場入り。さすがに1塁側でマリユニはキツイでしょうって事で3塁側で観戦することに。
3塁側にレオファンなら、まあ、そうそう問題もありませぬ。
内野自由席に場所確保!マリユニのAの家族+ライオンズの旗が覗くリュックを背負ったおひラ、そしてどっちでもいいよ〜の普段着の友人。変な組み合わせでふ。

スタメンを見てびっくり。ライオンズはそう不思議でもありませんでしたが、マリの『大松』って誰?『青野』って誰なのよ?
Aの旦那様に一応の知識を貰いましたが「こういう奴が危ないぜ〜」っと心の中でつぶやくおひラ。
お子様と遊びながらいると試合開始。
飯を買いに行くことになりましたが「何が美味しいの?」って聞かれても・・・3塁側はわかんないのよね・・・。一応「ライオンズナビ」で確認して、それぞれ順番に買い物に向かいました。
おひラがカツサンドを購入し席にBの買い物待ちでナカジがHR!「おおしっ!」マリファンが沢山の3塁側通路でシッカリと声を出してしまう・・・ヤベッ、ちょい横目で睨まれた^_^;
それからしばらく試合は停滞か?と思われた頃、カブ様の2ランHR!友人Bと行くと必ずといって良いほどHRを放つカブ様。おそらく彼女のカブHR率は90%位あるのでは?Bも自分の手柄と言わんばかりに自慢げ。

まだ野球なぞ何だかわからない子供は人の多さにニコニコしてみたり、ちょいと飽きておひラの上げた野球チップのサブローカードをベロベロといじくってみたり・・。
そのうちおひラのひざの上に座ってマリサポの応援をじーっと観察し始めました。

「いや〜にしぐっちんだし、今日はもういただき?」と少々心の中でほくそえんだその時・・・
7回、ちょっとした連打と四球で満塁。「あわわ・・でもにしぐっちんなら・・・・」と思った途端に、何となく嫌な予感させられていた大松の打った打球はスタンドへ・・・「うぎゃぁぁ・・・」思わず頭を抱えてしまったよ。
おひラのひざの上でそろそろ眠くなってきたのか、おとなしく座っていた子供がマリファンの歓声にびくっ!
え〜?何が起こったの?って感じになりました。
しかし、まだ7回、1点差。諦める段じゃないっすよね。今年のライオンズはそう簡単にはやられないさっ!
するとその裏、「今日も働くBIG G.G.」がヒットで出塁、打席に入るはバースディ江藤選手!
振りぬいたバットから3塁側外野に向かって飛んだ打球!
「入れ〜!入れ〜!」友人がマリファンだってお構いなしのおひラの絶叫と共にスタンドに吸い込まれたぁぁ!
「うわ〜!逆転!バースディ、350号!おめでとー!ありがとー!」\(^o^)/
ほぅら見ろっ!これがライオンズさっ!これでお立ち台は江藤君です。・・・と誰もが思っていました。

満塁HRを浴びたにしぐっちんは交代で8回から投入された三井君。この間は良かったもんね〜と気楽な気分で居たら・・・それが感染ちゃったのか、ナカジがエラー・・・おろおろ・・。
そして三井君は動き出したゲームを止めることができず、またもや3点追加されてしまい2点を追っかけることに・・・xxx
ひざの上のお子様の手がだんだんと温かくなってまいりました。こりゃ眠い証拠です。マリファンの歓声に多少プルッとしていたのですが、とうとうトロ〜ン。天使が眠ると同時にライオンズには悪夢を持った何かがやってきてしまいました。
9回、田崎君が登板、しかし動き出した悪夢は更に勢いを増し、「お〜い、バッティング練習じゃないぞ〜!」と言いたくなる位、人の居ない所にスコーン、スコーンと飛ぶ敵の打球・・・。
あ〜、もうどうにもなりませぬ(ーー;)安打×8、四球×2と欲しいものは全部上げてしまい7点を取られ、反撃のムードも呼び込めず、そのまま終了・・・。うががぁぁ・・。
江藤選手がメモリアルを打ったとき、この後この様な展開になると誰が予想し得たでしょう?
おめでたいのに悲しい・・・。

しかし・・・試合にはとんでもない負け方をしましたが、友人と久々に会わせてくれたのもライオンズだし、友人は初観戦だし、まあ、しょうがないか。
久々の再会のお土産ってことで。
江藤選手のメモリアルアーチも見れたことだし、ライオンズもちょ〜っとお疲れかしらん。
悪夢は続かなければいいです。だから・・・明日は・・・明日はぁ、神様、サービスしてくれ〜!
そんな訳でおひラの再会は劇的にその幕を閉じたのでした。
「また来るね」って言ってもらえて良かった。今度も是非インボイスSEIBUドームへ足を伸ばして観戦に来てくれ。
今度は負けん!