×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

話題の10代バッテリー登場!  対マリ 2006年4月16日 書いた人 ツリャ

前日の試合でマリーンズ打線を目覚めさせてしまった感がありますが、この日の先発は現在開幕から3連勝中の好調、涌井−炭谷の10代バッテリー。前日の惨敗は忘れて、スカッと勝ってほしいものです。マリーンズの先発投手はピカチュ・・・・いや・・久保です。
初回は三者凡退に抑えた涌井−炭谷バッテリ−でしたが、2回表に早くもベニーに先制ソロHRを浴びてしまいました。レフトの外野スタンドビッシリに埋まったマリサポは狂喜乱舞です。どっちが本拠地か分からないぐらい盛り上がっちゃってます。今年もあの応援はマリーンズの強力な戦力になりそうですねぇ。しかしホント元気良いですよ。
3回もツーアウトからサブロー、福浦、ベニーの三連打。4回は今江のツーランHRが出たりして、0対5となってしまいました。4回を終わってウチはノーヒット、好調レオ打線を抑えるなんて、久保はそんなに打ちづらいのか?
6回にも里崎にソロHRを打たれて、涌井くん今季初のノックアウトっす。なんでもブルペンから調子悪かったみたいですが・・・
涌井くんも今シーズンはこれまで安定感抜群でしたが、まぁこんな日もありますがな。まだまだ10代バッテリーには今後10年、いやそれ以上活躍してもらわなければ困るので、今日の試合は勉強ですよ。次の登板、頑張って下され。
試合のほうは7回、8回を涌井くんから引き継いだ宮越くんが6人でピシャリ!打線の方も7回まで久保の前に2安打に抑えられておりましたが、このまま終わる様な打撃陣ではありません!今年は違いますよ!ワンアウトから赤田キャプテンが内野安打で出塁。トモアキくん死球で1、2塁。続くナカジが初球をあわやHRかと言うセンターフェンス直撃のタイムリーツーベース!カブレラも初球をライト前タイムリー、続くベンちゃんもまたまた初球をまたまたセンターフェンス直撃の2点タイムリースリーベース!なんと3球であっと言う間に4点取っちゃいました。今度はライトスタンドがヒートアップ。レオ党だって負けてませんよ!今年は例年になく外野スタンドの応援も盛り上がってます。いやホントに。

次の打者は現在ブレイク中のG.G.!期待大でしたが・・・あえなく三振。そして石井義もセンターライナーに倒れ結局8回裏は4点止まりでした。
9回は正津投手が3人で抑え、最後のライオンズの攻撃。試合はまだまだわかりませんよ!マリの守護神コバマサの前にワンアウト後、高木浩くんが四球を選び、キャプテン倒れツーアウト。ここで前日メモリアル350号アーチを放った江藤選手が代打で登場。ホームランが出れば同点の場面。異常な盛り上がりを見せるライトスタンドであったが、まさかの三球三振でゲームセット。

連敗したとはいえ、まだまだ首位キープ。油断は禁物ですが、8回裏のたたみかける様な攻撃を見るとそんなに心配してませんよ。誰かが調子を落とせば、誰かが出てくる・・・今シーズンはそんな1年になるような予感がしますね。まだまだ本調子じゃない人が何人か居るんでね。
でも負けたのはやっぱり悔しいので、次回カードも見にきま〜す。