×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドームも打線も寒かった  対日ハム 2006年4月25日 書いた人 ツリャ

このところ打線下降気味ながらスタートダッシュに成功し、依然首位をキープしているライオンズ。今日からの日ハム戦でさらに首位固めと行きたいところですが、どうでしょう?
日ハムと言えば先日、新庄選手の今シーズン限りでの引退宣言がありました。
開幕間もなくの引退宣言は衝撃とともに色々なところで賛否両論を呼んでいますが、僕は新庄選手らしくて良いのではないかと思います。ナゼこの時期に?まだやれるのに?チームの士気が下がる?そんなことはお構いなし、いつどこで引退を決めるかは本人の自由。本人にしか分からない事が沢山あるんですよ。本人も「結果を残さなければタダのピエロ」と言っている様に、結果を出し続け、それでパフォーマンスでファンを沸かせる。こんな難題に挑戦し続ける事は想像以上に大変な事だと思います。いつも限界ギリギリのところで新庄選手は戦っていたのです。
チームの士気が下がると言って使わないと言うなら、その監督の器が知れますよ。まぁ、ヒルマン監督ならそんな事は無いと思いますが・・・。僕はこれも新庄選手のファンサービスの一環だととらえますね。札幌ドームを満員にする事。日ハムを、そしてパ・リーグを人気回復?させる事。自分の仕事に達成感と限界を感じた時、選手はユニフォームを脱ぐもんです。こういう選手が居たってイイじゃん。これも新庄選手ならではの一つの個性でしょう。日頃、「最近の選手は個性が無い」とか言っている人達がこういう事には批判したりするんですよね。もうプレーだけで個性を出せる時代では無いと思いますよ。
いずれにせよ、たったのパ・リーグ3年間でこれだけの功績を残したのだから僕は何の文句もありません。ちょっと早すぎるけど、新庄選手、お疲れ様でした。
で、まだまだペナントレース序盤戦。新庄選手も今日で見納め!って事は無いので、あくまで我がライオンズの応援に。
球場についたのは6時10分ぐらい。と、と、ところがすでにファイターズに1点先制点を取られているではないか!なんでも森本選手の先頭打者ホームランがでたらしいっす。
グラマン−銀ちゃんバッテリー、早くも一発浴びてしまったらしいです。
そしてスタメンを見るとカブレラの名前がありません。前の試合で手首を傷めて今日は欠場です。代わってベンちゃんが4番、DHは江藤選手でした。
んでレオ打線の奮起を待つも、このところ打線は湿りぎみ。日ハムの先発リーにのらりくらりと交わされてしまいます。
グラマンも踏ん張ってはいたのですが、3回にはセギノールにタイムリーを打たれ2点目。
ウチはやっと7回裏に併殺崩れの間に1点返しますが、全体的に元気がありませんねぇ、代打で登場したリーファーに初打席初安打が出てのが明るい話題といったとこです

結局試合はこのまま2対1で敗れてしましました。2対1と言うスコアですが、投手戦と言うよりは、貧打戦と言った方が良いでしょう。打線には波があるとは言え、開幕当初の爆発力は何処へ行ってしまったのか?
引退宣言後、絶好調の新庄選手はこの日も2安打。
4月も残りあとわずかだと言うのに、ドームは相変わらず寒いし、ウチの打線も・・・
でもまぁ、あまり贅沢ばかり言ってもしかたないので、切りかえて明日ガンバリましょ!