×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 オーナーの引き出し       第20回

我等が稼頭央君がメジャーへ旅立って行った。何年か前から噂は有った訳で、決定に対して驚きは無かったけれど、FA宣言をしてからメジャー表明→チーム決定→メッツでの入団会見まで、日に日に変わっていく情報と噂に結構振り回されたねぃ^_^; 頭の中では稼頭央君に色んなチームのユニを着せていました。
稼頭央君が大リーグから高い評価をもらい、注目された事はライオンズファンとしてひじょうに嬉しい事で、メッツに決まってからの稼頭央君の顔のほころびを見ると本当に良かったなぁと思いまふ。
大方の見解では盗塁数は確実に増えるだろう・・・とのこと。思いっきり駆け回って大リーグの中央で稼ぎ頭になって欲しいもんです。
プレッシャーも大きかろう。この歓迎ぶりに失敗は許されない。きっと出始めにちょっとヘマでもしようもんなら一気に叩かれる事もあるかもしらん。でも何が有ってもくじけるなよ!っとそんな事はきっと稼頭央君が一番わかってると思うけど・・・。

これからまだまだ、海を渡る選手は増えるかも・・・。ちょっとスターになると行っちまうんじゃないか?という危機感は感じるが、それは良い事だ・・・と選手側に立つと思う部分もある。本当はもっと自由に行き来出来れば、日本のプロ野球は衰退しないで済むのか?とか給料が大リーグ並みになればいいのか?とか・・・おひラが考えてもしょうがないことを考えたりもする。ライオンズで言うと森君、松坂君・・・若手なら中島君が「いつかは是非行きたい」と言ってる大リーグ。おひラは海外に行った事がないけど、外国って近くなったんだろうなぁ。
稼頭央君の移籍が決まった日、大リーグに詳しい(らしい)人がラジオで「大リーグの人気が落ちていて、身体能力の高い選手はNBAなどに流れてしまっている。この、人気回復策として、各チームは自国の大物に大金を払ってたらいまわしして少々目先を変える事には限界を感じているので、他国の魅力的なフレッシュな選手を獲得しようと考えている」と言っていた。本当かどうかは?だけど、もし、そうだとしたら・・・日本より先に大きくテコ入れし始めたってことかな。
日本のテコ入れはナカナカ進まない。パリーグの各チームがこの所、活発に動いている気がするけど、球界全体としたら、どっかのチームがファンの意に反した事をあまりに起こすので、野球ファンじゃない人たちからは嫌悪感さえ聞こえてくる事がある。前にも書いたけど、1球団だけが強かったりしても球界全体の人気には繋がりませんよぉ。毎年、ドコが優勝するのか、ハラハラする方が色んな人が見るような気がするのはおひラだけでしょうか?
各チームのフロントと言われる人達は、もっとファンの考えている事を調査する必要があるんではないか?と思いまふ。だって商売だってそうじゃん。売れる商品、売れない商品・・と市場調査して入れ替えたり、新商品だってリサーチしてから市場に出すとかするわけで・・・。もう少し新しい事を試したりする必要があるでしょう。
そして12個の球団があって「日本プロ野球」な訳だから、それぞれが手を取り合って盛り上げる為の協力をするべきだと思います。自分だけが良ければ・・・じゃドウにもなりませんぞ!
大リーグのテコ入れが進めば進むほど、日本のプロ野球が食われてしまう・・・かもしれない。
パリーグは少しづつ始めてるんだ。ファンが賛成できることばかりでは無いけれど、進歩には失敗も必要かもしれないので良く考えながら頑張って進化していってほしい。少なくとも選手やファンの意識とあまりにも離れてしまわないスピードでは変わってくれないと・・・ねぃ。
大リーグの2軍化・・・にはならないでくださいよ。あんまりドッカが勝手なことしてると・・・選手もファンも嫌気がさしますぞ!アメリカに野球を見に行くのは大変なんだから、日本で素晴らしい試合が見れないと、プロ野球・・・なくなっちまうぞ〜!

2003年12月17日 記